好奇心旺盛な日常☆

関西在住26歳が日常で疑問に思ったことや好きなことをお届けします

【新しいSNSの活用法★】インスタのハッシュタグで売上1位!?

 

 

 みなさん、こんばんは!

 

 

 

日本経済新聞から気になる記事を発見しました。

www.nikkei.com

コーセーさんが企業SNSアカウントをアンバサダーの起用したUGCに活力を入れ、マニキュア市場で売上金額1位という結果を残している。

(20年7月から21年6月の累計、インテージSRI+調べ)

 

今回売り上げを伸ばした理由にアンバサダーを起用したUGCの採用が鍵をにぎっています。

企業公式アカウントを持っている企業は多く、その更新頻度や内容には差があるように感じます。

企業だけでSNSアカウントを運用することに課題があるのではないかという声もあり、今回のコーセーさんの取り組みは非常に興味があります。

 

 

UGCとは??

 「ユーザー生成コンテンツ」を指し、企業側ではなく、ユーザー側の発信によって成立するコンテンツを表す言葉です。具体的には、インスタなどのSNSに投稿される、店名やブランドを明記した飲食店のメニューやその日のコーディネートの写真とキャプション、YouTubeに投稿されるレビュー動画、価格.com食べログに投稿される評価などが挙げられます。

総じて、「ユーザーによる投稿が、結果として商品・サービスの宣伝機能を担う」ようなコンテンツを指しているといえるでしょう。

サングローブ株式会社:UGCとは?今さら聞けないマーケティング用語がすぐわかる!

 

 アンバサダーを起用したUGCを活用するメリットとは?

 検索はネットよりインスタが多い!?

最近、何か新しい情報や調べものをするとき、インターネットを利用するよりインスタグラムのハッシュタグから調べることが多いみたいです。

ハッシュタグで検索すると実際にお店を利用した人の感想や商品の写真が見ることができ、よりリアルな情報が得られます。

 

企業のみで活用するよりアンバサダー活用するメリットとは!?

よりリアルな情報がキャッチできる

企業側が発信する情報は正確ではありますが、企業側が売りたい内容が入っているように感じる人も多いのではないでしょうか?

それに比べるとアンバサダー契約があるとはいえ、インフルエンサーの人は自分自身の信用にも繋がるため個人が良いと思わない商品を宣伝しないという考えの人が多いと思います。 

 

自分ごと化にしやすい~テーマを設定する~

実際に取り入れていたのが、「クリスマスにオススメのネイル」「成人式にオススメネイル」など、ネイルのテーマ設定を行うこと。

テーマを設定することで自分ごとに落としやすくなります。

検索するときは、何かしらテーマを持って検索をしているため、イベントやシーンごとのテーマ分設定は顧客の心を惹きつけます。

 

まとめ

時代の流れに乗り、実際利用している顧客と一緒に商品を盛り上げることができ、企業側のみで発信するよりも多くの人数で発信しることが可能で広まりやすいですね!

 

企業の宣伝方法にもいろんな手法があり、良いものが世の中にあふれる時代でなると良いですね!