好奇心旺盛な日常☆

関西在住26歳が日常で疑問に思ったことや好きなことをお届けします

免許更新に行ってきた!―コロナ禍で変わったこと、変わらないこと—

32歳の独身貴族、大阪での都会生活を満喫している健介です。

少しめんどくさがりなところがり、どうすれば外に出ずに物事が行えるかを常に考えている。

 

コロナ禍であらゆる活動や取り組みが変化している中、

変わらずやってくるのは免許更新である。

 

3年ぶりの免許更新、

そう、違反者のため2時間の講習を受けなければならない。。

普段在宅勤務をしている中、あまり大勢の場所へ出かけないようにしている僕だが、この時ばかりは講習を受けないと免許がなくなってしまうと困るので平日休みを取って更新へ行くことにした。

 

▼免許更新のめんどくさいと感じる3点▼

1.朝早く並ぶ

受付順で写真撮影や申請、講習時間や免許の交付の順番が変わってくるので、少しでも早く帰るために早く行くことになる。

2.写真が上手に撮れない

朝早く並ぶために早起きをして公共交通機関で向かう。

朝が弱い僕は最高のコンディションとは言えない状態で写りの悪い写真を撮ることになる。

(微笑んだり決め顔にチャレンジしたがどれもイマイチ。今はどれだけ変な写真が撮れるかチャレンジ中)

3.講習が長い

これに関しては、違反をしているのは自分だから仕方がない。

でも2時間、映像と講義型の授業を聞くのは会社の会議よりキツイ。

 

そんなことを考えながら免許センターの場所や持ち物を確認するために調べていたら、、、

 

コロナ禍の今、受付時間がWEB申込になっている!

時間帯で入場時間の予約ができ、その時間に免許センターへ向かえば良いとのこと。

長蛇の列に並ばずに済んでとてもスムーズに受付ができることで1つ前向きになれた!

 

コロナ禍関係なく今後も取り入れて頂きたい方法だなと思った!!

時間を指定する方が当日の人数も把握でき、受け付ける側の人数調整なども行いやすくなり時間の使い方が変えられると思う。

 

あとの2つは最高のコンディションにしても写真の写りは変わらず、講習も2時間だったが、この2つは自分次第で変えていける部分なので、3年後またチャレンジしよう。

 

写真の上手な写り方を知っている人はぜひ教えて欲しいと切に願う。